CBKの技術力結果
でご確認ください

Facial Nerve Palsy After Sagittal Split Ramus Osteotomy of the Mandible: Mecahnism and Outcomes

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 68(7): 1615, 2010

Assessment of Blood Loss and Need for Transfusion During Bimaxillary Surgery With or Without Maxillary Setback

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 71(2): 358, 2013

The Influence of Reduction Mandibuloplasty History on the Incidence of Inferior Alveolar Nerve Injury during Sagittal Split Osteotomy

Plastic and Reconstructive Surgery 131(2): 231, 2013

頬骨手術 過程

頬骨の一部を骨切りし
頬骨骨板を除去

もみあげの前側を通して
頬骨の後側のアーチ部分を骨切り

骨切りされた頬骨を
内側に押して

チタンプレートとスクリューを利用し安全に固定

咬筋の動きによる頬骨の移動範囲を正確に測定し

頬のたるみ、偽関節を予防する手術ノウハウ

しっかりとした固定を原則にした3Point Fixation

頬骨手術後の頬のたるみ、再発、偽関節等の副作用が起きた場合、
外部からの強い衝撃を受けた場合を除いてほとんどが間違った固定が原因な場合が多いです。

頬骨手術後100%副作用が出るといいますが
本当に事実ですか?

NO!そうではありません。
頬骨手術時しっかりと固定をしないとエラとつながっている咬筋が顎が動くことによって動き頬骨が外側や下側に移動することがあります。

<頬骨縮小後、外れた骨の偽関節>

頬骨縮小術と咬筋の関係

咬筋は上側に位置する頬骨と下側に位置する下顎をつなげていて
私達が食べ物を噛んだり歯を食いしばったりする時この咬筋が収縮します。
強い筋肉(咬筋)の収縮作用により頬骨を引っ張り下げるようになり
この時きちんと固定されていない状態で骨切りされた頬骨は
簡単に違う方向へと移動してしまいます。

頬骨縮小術!

きちんとした位置にきちんとした固定が
最も重要です。

頬骨手術副作用により再手術をされた患者様の3D CT

左右非対称のための3次元的な手術計画

頬骨は一部位のみ発達した場合はほとんどなく、
複合的に発達しており3次元的な繊細な頬骨評価を行うと共に 最も適切な手術方法が必要なとても難しい手術です。

頬骨は一部位のみ発達した場合はほとんどなく、
複合的に発達しており3次元的な繊細な頬骨評価を行うと共に
最も適切な手術方法が必要なとても難しい手術です。

頬骨縮小術時、頬骨の前部分、45度部分、横部分、上、下の関係を全て確認し、
両側を対称に作ってあげることで左右非対称のような副作用を防ぐことができ手術前3次元的に頬骨を分析し手術計画を立てることで、
3部位の縮小がきちんと施行されどの角度から見ても立体的なきれいな頬骨縮小術の効果を得ることができます。

前頬骨+横頬骨+45度頬骨 立体的な頬骨分析

横頬骨が発達し顔が広く見える場合

前頬骨が突出し頬に影ができる場合

全体的に人相が強く見える場合

前頬骨+横頬骨+45度頬骨 立体的な効果!

3Fix 頬骨縮小術

Before & After