CBKの技術力結果
でご確認ください

Facial Nerve Palsy After Sagittal Split Ramus Osteotomy of the Mandible: Mecahnism and Outcomes

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 68(7): 1615, 2010

Assessment of Blood Loss and Need for Transfusion During Bimaxillary Surgery With or Without Maxillary Setback

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 71(2): 358, 2013

The Influence of Reduction Mandibuloplasty History on the Incidence of Inferior Alveolar Nerve Injury during Sagittal Split Osteotomy

Plastic and Reconstructive Surgery 131(2): 231, 2013

エラ削り手術 過程


精密診断を通して残った骨の体積と角度分析後、
切断面にラウンディングを与え顎の骨を骨切り


残った骨の断面の皮質骨を除去し正面効果をより高める


個人によって必要時
筋肉(咬筋)切除術を並行


個人によって必要時
バッカルファット除去を並行

一般エラ削り手術vsオールラウンドエラ削り手術
骨の切断面の比較

一般的なエラ削り手術

オールラウンドエラ削り手術

エラ削り手術時 よく発生する2次角副作用


2次角ができた所をなくす
追加手術を施行

3次角が発生

出っ張り凸凹したラインが発生

しかし、 オールラウンドエラ削り手術は
一度に最大距離の曲線形態に骨を骨切り!

エラ削り手術の副作用の1つである2次角が発生せず手術時間も30分以内と短く出血もなく回復が早いです。
また、骨の切断面が大きく長くなり正面から見たときの変化も大きくなります。

頬のたるみを予防する手術ノウハウ

顔面輪郭手術は一般的に顔の骨を骨切りし骨格を消去する物ですがこの時皮膚と脂肪、筋肉等の軟部組織をきちんと再固定できなかった場合手術後骨格の大きさの違いにより皮膚と軟部組織が下に垂れ下がり頬のたるみが発生します。

01. ラウンディング方式で残されたFix-Zoneを支える役割

各自の皮膚の状態、骨の状態を診断し残った脂肪と筋肉を支える程度の骨の体積を
0.01mm単位を計算し切断面にroundingを与えFix-Zoneを残したエラ削り手術を行います。

02. CBKだけの3重縫合方式でしっかりとした固定

骨だけ固定すれば良いですか?

NO!そうではありません。
骨切りした骨の骨膜と筋膜、頭蓋骨を取り巻いている粘膜まで3重に縫合する方式で残りの
脂肪層がたるまないようにしっかりと固定します。

顎先手術! 必ずしなくてはいけないですか?

一般的なエラ削り手術とオトガイ手術をともに行うことで大きな効果を得ることができる場合がありますが、
必ず一緒にしなくてはいけないものではありません。オールラウンドエラ削り手術は顎先まで一度に長く骨切りし横ラインから前ラインまで
滑らかで女性らしい顔の形を作ります。

エラ削り手術範囲

下顎の内
最も角張った部分

エラ削り手術範囲

最も角張った部分と
顎先の間の部分

オトガイ手術範囲

一般的には
オトガイ手術で
骨切り可能な部分

オールラウンドエラ削り手術の骨切り範囲

A部分のみを骨切りすると耳下の角張った部分と横ラインの骨のみが切り取られ、正面効果は大きく感じられません。
オールラウンドエラ削り手術はA+B+C部分を一度に骨切りし、全般的に下顎がスリムになり正面効果が高くなります。

オールラウンドエラ削り手術

オールラウンドエラ削り手術

Before & After(3ヵ月後)