CBKの技術力結果でご確認ください

Facial Nerve Palsy After Sagittal Split Ramus Osteotomy of the Mandible: Mecahnism and Outcomes

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 68(7): 1615, 2010

Assessment of Blood Loss and Need for Transfusion During Bimaxillary Surgery With or Without Maxillary Setback

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 71(2): 358, 2013

The Influence of Reduction Mandibuloplasty History on the Incidence of Inferior Alveolar Nerve Injury during Sagittal Split Osteotomy

Plastic and Reconstructive Surgery 131(2): 231, 2013

長い顔 手術過程

CBKは患者の骨格状態と長い顔の症状を精密診断後、長い顔縮小術を行います。

上顎と下顎どちらも長い場合

両顎手術

下顎(顎先)のみ長い場合

オトガイ縮小術

上顎と下顎どちらも長い場合 両顎手術

1. 歯の咬合により下顎縮小手術or両顎手術 決定

2. しゃくれ顎と顎先発達による長い顔に効果的です。

3. 中顔面と下顔面の比率が良くなります。

4. 顔の長さをかなり縮めることが出来ます。

両顎手術 過程

01. 上歯から鼻下までの上顎部分とともに下顎を骨切り

02. 骨切りされた上顎と下顎を移動

03. 骨切りされた両顎を移動後
骨切りされた部位が動かないよう固定

上顎の骨が長い場合、
なぜ必ず両顎手術をしなければいけないのでしょうか?

顔の長さを構成する要素は上顎の骨と下顎の骨の2つです。
この内、下顎の骨のみ長い顔はオトガイ手術を適用し比較的簡単な手術が行えますが、
上顎の骨のみ長かったり下顎の骨も同じように長い場合には必ず両顎手術が必要になります。

“上顎の骨のみ縮めればいいのになぜ両顎手術が必要なのか?”とも考えられるかと思いますが、
右側の図でいいますと、上顎の厚く表示された赤線の部分を切り取り、
青色の矢印の方向に押し上げると上顎の長さが短くなります。
つまり、上顎が長いからといって上顎の骨のみ短くすると
歯の咬合が合わなくなるため、歯の咬合を合わせるためには
必ず下顎も骨切りを行い、上に上げてあげる両顎手術が適応されなくてはなりません。

CBKオトガイ縮小術 手術過程

01. 顎の骨を横に中央部を骨切り

02. 横に骨切りした骨を除去

03. 顎先を上げしっかり固定し
顎先の長さを縮小

下顎(顎先)のみ長い場合 オトガイ縮小手術

1. 患者の顎の状態が顎なしやしゃくれ顎の場合どちらも適応可能
2. 下顎の神経損傷の可能性を最小化
3. 安全で自然な結果
4. 両顎手術に比べて簡単な手術過程と回復過程

CBKのノウハウ、オトガイ縮小手術!

両顎手術以外に長い顔の縮小方法として両顎手術の費用、回復期間、
手術過程の負担を減らすCBKのノウハウです。

一般的なオトガイ骨切り術

下歯槽神経損傷を防ぐため骨切りラインを
下に位置させ、副作用誘発自然な曲線を作るのが難しい

CBKオトガイ縮小術

神経線が切断されないよう適正な位置に骨切りライン
患者本来の自然な顎ラインを生かして顎の長さを縮小
全体的によりすっきりと顔が小さく見える童顔イメージ演出

CBKオトガイ縮小術

Before & After