CBKの技術力
結果で
ご確認ください

Facial Nerve Palsy After Sagittal Split Ramus Osteotomy of the Mandible: Mecahnism and Outcomes

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 68(7): 1615, 2010

Assessment of Blood Loss and Need for Transfusion During Bimaxillary Surgery With or Without Maxillary Setback

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 71(2): 358, 2013

The Influence of Reduction Mandibuloplasty History on the Incidence of Inferior Alveolar Nerve Injury during Sagittal Split Osteotomy

Plastic and Reconstructive Surgery 131(2): 231, 2013

しゃくれ顎 手術対象

顎が

出ている場合

笑った時
歯茎が
見える場合

顔面非対称も
伴う
しゃくれ顎

下顎の発達で
中顔面が
凹んでいる
場合

噛み合わせが
合っていなく
顎が長い場合

CBKしゃくれ顎手術 進行過程

CBK美容外科は患者の骨格状態としゃくれ顎症状を精密診断後、
患者別オーダーメイドしゃくれ顎手術を行います。

顔面非対称の可否及び咬合ケースに合わせた

下顎 or 両顎手術

顎先手術だけでしゃくれ顎、顔面輪郭の改善効果まで!

しゃくれ顎 顔面輪郭

下顎手術だけで 改善が可能な しゃくれ顎とは?

歯の咬合はきちんと合っているけれども外観上顔全体のプロフィールを考慮した時
下顎だけ出ていると考えられる場合、
下顎手術だけでしゃくれ顎の治療が可能です。

下顎手術 方法

患者様の状態を精密診断後、SSRO(下顎枝矢状分割術)とIVRO(下顎枝垂直骨切り術)の内
どちらかを選択し下顎手術を施行します。

SSRO
手術過程

SSROとは?(下顎枝矢状分割術)

骨の接触面を広め、お互い癒着がきちんと行われるよう顎の骨を二つに分離、
後ろに移動させた後、骨切りされた骨が動かないようにしっかり固定

  • 骨の接触面が広く早い回復が可能
  • 初期固定が優秀で安定的
  • 顎間固定が必要ない
  • 手術後安定的な咬合で矯正期間短縮
  • 酷い顎なしと非対称に最適
  • 複雑な手術
  • 下歯槽神経が損傷する危険あり

IVRO
手術過程

IVROとは?
(下顎枝垂直骨切り術)

顎の骨の後ろ部分を上下に骨切りし、
顎の骨にピンやワイヤー等で固定をしない自然癒着手術法

  • 神経が損傷する可能性が大幅激減
  • 簡単な手術で顎関節に無理がかからない
  • 短い手術時間で早い治癒が可能
  • 先手術と顎なし手術は不可能
  • 開咬になる可能性有り

両顎手術が必要なしゃくれ顎とは?

純粋に下顎のみ出ているしゃくれ顎ではなく、
顔面非対称、面長、上顎の成長不足によりお皿のように凹んだ顔等が
混在している場合、上顎の矯正も行われなくてはならないため
両顎手術が効果的です。

両顎手術 過程

01. 精密診断を通して骨切り部位を決定

02. 下顎と上顎を骨切り

03.  骨切りされた両顎を移動後
骨切りされた部位が動かないように固定

しゃくれ顎 両顎手術

Before & After

オトガイ手術だけで改善が可能なしゃくれ顎とは?

歯の噛み合わせは正常できちんと合っているが顎が長く顔の調和とバランスが
合っておらず、単純に顎先が非対称であるため下顎が出てしゃくれ顎のように
見えてしまう場合、T字骨切りオトガイ手術のみでしゃくれ顎改善はもちろん、
顔面輪郭の効果まで得ることができます。

T字骨切り オトガイ縮小術 方法

01. 顎先の粘膜に切開をし
顎先をT字に骨切り

02. 切り取った中央の骨を取り除き
両側の骨を寄せてしっかり固定

03. 切開部位を吸収糸で縫合、
顎の幅と長さが縮小され
顔面改善効果

しゃくれ顎 顎先縮小術

Before & After